dan genten ダン ゲンテン
【スペシャルエディション】タッシェ ダレスバッグ
297,000(税込)

品番:102130-84

¥3,980以上お買い上げの場合送料無料
カラー
在庫

detail_sam

バーガンディ

残り1点
店舗在庫
お気に入り

detail_sam

ネイビー

残り1点
店舗在庫
お気に入り
商品詳細
素材にはドイツの名門タンナー”ギルガー”のブライドルレザーを使用。ブライドルレザーとは、皮革に何度もロウを塗り込むことで、繊維を引き締めた革のこと。表面に浮き出た白い粉はブルームと呼ばれ、その上品な輝きはブライドルレザーの証でもあります。
グリップ性が高いハンドルには、昨今では手間がかかり過ぎて作られなかった本革床芯を積層して、一点一点手で削り出されたもの。外装のカットされた革の裁ち端(コバ)には、一箇所ごとにカンナをかけ、丁寧に面をとったあとにさらに手作業でツヤツヤになった面が丸くなるまで磨き立てる本磨きを採用。クロージャー(錠前金具)には、イタリア屈指の錠前金具メーカーであるジョバンニ社のものを配しgentenのネームを刻印。内装には全てピッグスキンをライニングすることで、スペシャルエディションにふさわしい仕上がりになっています。
オーセンティックで端正な佇まいでありながら、一般的なダレスバッグとは違い、現代の使用性に即したスマートなマチ幅で、シャープさを兼ね備えたバランスを重視しています。バッグ全体に漂う凛とした緊張感、品格は、昔ながらの手間暇を惜しまない手仕事、メイドインジャパンの真摯なモノづくりがあってこそ。バッグを”いれもの”として考えると、ユーティリティに優れた商品は他にいくらでもありますが、身の回りの大切なものを”託す・運ぶ”ことで、人生に寄り添う特別な存在としてお届けできればと思います。

<取り扱いの注意・お手入れ方法>
革の表面にブルームと呼ばれる白い粉が浮き出る場合がございますが、皮革に何度もロウを塗り込むことにより発生するものですので、品質には問題ございません。
水濡れにはご注意ください。濡れたらすぐに柔らかい布で乾拭きして、陰干ししてください。
・アメダス× ・汚れ落としクリーム × ・お手入れクリーム ×

・素材:牛革
・横幅(W):41.5cm
・高さ(H):30cm
・マチ(D):11cm
・持ち手:18cm
・重さ:2345g
・内ポケット数:2
・カードポケット数:3

商品が追加されました。

革の表情について

バッグやお財布に仕立てる前の牛革を手にすると、牛が持っていた傷や虫刺されの跡、シワ・血筋などの天然の刻印が見られます。
gentenでは、これらを個性や味わいとして、ありのままの姿を受け入れてものづくりをしています。
個性豊かな天然素材である革。たとえ同じ型・色のバッグであったとして、同じものは二つとありません。
あなたが手にした、ただ一つだけのもの。それぞれの革の個性をより深く知ることで、さらに愛着が深まるに違いありません。

虫食い跡、治り傷
一度傷になったものが、治って薄く跡になって見える状態のこと。この部分は染料が入りやすく、濃くなります。革の表情を豊かに演出してくれます。

シワ・トラ
首から背中にかけた部分。革の表面に筋のように入っている大きなシワをさします。「トラ」は、天然の革にしか見られないため、素材そのものの魅力があります。 (トラの部分は、亀裂や傷んでいるわけでもなく、むしろ運動量の多い部位なので、他よりも丈夫といわれています。)

バラ傷
喧嘩や怪我、引っ掻き傷などの傷跡のこと。天然素材ならではのワイルドな印象が魅力。

黒点
目に見えない空気中の鉄分が付着して、タンニンなめしに反応してできます。 革を鞣す工程は、無菌室ではないのでどうしても免れません。素材そのものを愉しめる素上げ調の革の証ともいえます。

ホクロ
一頭一頭個体差があり、動物にもホクロがあります。その箇所は、様々。天然素材の証です。

染色ムラ
部位によって繊維の密度や厚さが異なるため、色の濃淡が起こります。天然素材ならではの表情を、豊かに演出してくれます。

血筋(ちすじ)
血管の跡。血筋の表情は一定ではなく、筋状に何本も入ることもあります。天然素材ならではの表情を、豊かに演出してくれます。

サイズ印字
革の大きさを記した印字です。革一枚に対して一つ入ります。個性を生かした一点モノを求める方に人気があります。

スピュー
革の表面に白く油分が浮き出た状態をさします。天然油脂や加脂剤、動物がもともと持っている脂肪分です。
発生条件として気温の高低差がある場合、もしくは寒い所に長期にわたって保管した場合が考えられます。
布で拭き取り対応するのが適切な処理となります。(再び浮き出ることがあります)
このスピューを豊かな革の表情の魅力としてブルーム(bloom)と呼んで珍重する人もいます。

あなたへのおすすめ

最近見たアイテム
Instagram