【VOGUE 9月号掲載】
MATOI(纏い) トートバッグ | トートバッグ 革財布、バッグのgenten(ゲンテン)オンラインショップ
sp_navi_01 sp_navi_02 sp_navi_03
pic_1
pic_2
pic_3
pic_4
pic_5
pic_6
pic_7
pic_8
pic_9
pic_10
pic_11
pic_12
pic_13
pic_1
pic_2
pic_3
pic_4
pic_5
pic_6
pic_7
pic_8
pic_9
pic_10
pic_11
pic_12
pic_13
genten ゲンテン
【VOGUE 9月号掲載】
MATOI(纏い) トートバッグ
151,800円(税込)

品番:47900-07

¥11,000以上お買い上げの場合送料無料
カラー
在庫

detail_sam

ホワイト

残り1点
店舗在庫
cart_but
商品詳細
「火事と喧嘩は江戸の華」「宵超しの金を持たない」といわれ火事が多かった江戸。そのたびに「火消(ひけし)」とよばれる人たちが大活躍しました。中でも最も花形だったのが旗印の一種の纏(まとい)を持つ「纏持ち(まといもち)」でした。組のシンボルである纏(まとい)を振り立てて消化活動の目印となるとともに仲間たちの士気を鼓舞しました。そんな荒れ狂う炎に立ち向かう様を表現したシリーズです。
当時と同じ、色、素材である白い鹿革を採用し、コンビ色には、共素材の黒い革を採用しています。(当時、一般の町火消と区別するために黒いラインを入れていたそうです)すべて、日本製の素材を使用し、日本の職人により1つ1つ丁寧に仕上げたバッグです。 持つとタイトに、置くとふわっと広がるシルエット、フリンジ調はあえてイージーに仕上げ、情景を想起させる作りになっているのも魅力の一つです。本体は体馴染みがよく持ち手は握りやすい作りになっています。適度な品とラフさを兼ね備えているので、様々なコーディネイトに合わせやすく、シーンを彩ってくれます。

<素材の特性・メリット>
日本製の鹿革を使用。素材の魅力を最大限に活かすため、鹿革ならではの風合い豊かな仕上がりにしています。そのため、多少色落ちします。

<取り扱いの注意・お手入れ方法>
鹿革:・アメダス ○ ・デリケートクリーム ○ ・コンディショニングクリーム ○ ・泡クリーナー ○

・素材:鹿革
・横幅(W):上部34cm下部38cm
・高さ(H):31cm
・持ち手:51cm
・重さ:1050g
・内ポケット数:3


>>まといのこだわり、お手入れについてはこちら

おすすめ商品
最近見たアイテム