20thジャカード ハタ ショルダーバッグ | ショルダーバッグ 革財布、バッグのgenten(ゲンテン)オンラインショップ

20thジャカード ハタ ショルダーバッグ 20thジャカード ハタ ショルダーバッグ 20thジャカード ハタ ショルダーバッグ | ショルダーバッグ | ゲンテン、genten、ダンゲンテン、dangenten公式通販サイト

sp_navi_01 sp_navi_02 sp_navi_03
pic_1
pic_2
pic_3
pic_4
pic_5
pic_6
pic_7
pic_8
pic_9
pic_10
pic_11
pic_12
pic_13
pic_1
pic_2
pic_3
pic_4
pic_5
pic_6
pic_7
pic_8
pic_9
pic_10
pic_11
pic_12
pic_13
genten ゲンテン
20thジャカード ハタ ショルダーバッグ
35,200円(税込)

品番:42362-84

¥11,000以上お買い上げの場合送料無料
カラー
在庫

detail_sam

ネイビー

在庫あり
店舗在庫
cart_but
商品詳細
天然素材の新しさを求めて、綿×和紙のオリジナルジャカード生地を開発しました。
20周年にちなみ、古来より和算などに用いられる算木で20(hata)を意味する3本線の組み合わせによる形をつなぎ合わせてオリジナル柄を構成しました。厚みがありながら軽量な、天然素材による新素材を用いたラインです。

〈素材の特性・メリット〉
デニム用の強度を持つ綿糸のタテ糸に、和紙(平安時代より製紙業が盛んであった、愛媛で作られたもの)を細く裁断したのち、撚りをかけて糸にしたものをヨコ糸に用い、綿×和紙のオリジナルジャカード織生地を開発しました。
和紙は糸にした場合の重さが綿の半分程度となり、強度はリネン程度となる素材です。日本における紙布(和紙をこより状にした紙糸を手織りした生地。)の歴史は古く、各地の和紙産地で作られてきました。その歴史を継承しながら、現代の技術で糸状にすることで、自動織機で生地として量産できるスペックを実現したものです。綿×綿の同等生地と比べると80%強の質量となります。
合わせる革はgentenの定番素材バダラッシカルロ社のミネルバリスシオを採用しました。

〈柄の構成〉
西こぎん(青森県弘前よりも西の地方で伝統的に使用されてきた衣装に施されたこぎん刺し)の背に見られ、山歩きの際の魔除けの意味も込められているという、「轡(くつわ)繋ぎ」柄をサンプリング感覚でベース使いし、20(hata)を表現した3本線の形をレイヤーすることで、伝統柄への尊敬の念とともに、新たな形での継承を目指した柄です。

<取り扱いの注意・お手入れ方法>
牛革:・アメダス ○ ・デリケートクリーム ○ ・コンディショニングクリーム ○ ・泡クリーナー ○
生地:・アメダス ○ ・デリケートクリーム × ・コンディショニングクリーム× ・泡クリーナー×

・素材:綿/分類外繊維(和紙)×牛革
・横幅(W):29cm
・高さ(H):19cm
・マチ(D):10cm
・重さ:510g
・外ポケット数:4
・内ポケット数:3
・ショルダーベルト:〜133cm


>>ジャカード ハタのこだわり、お手入れについてはこちら

おすすめ商品
最近見たアイテム