genten Dawn Black特集

top > キャンペーン
「黒」の再認識。
gentenのナチュラルイメージから派生する様々なアースカラーのバリエーションを拡張し、色選択の多様性を図ります。
かつては、「黒」=無機的な色彩と認識し、有機的なブランドイメージを主体としていたgentenは「黒」の導入をしませんでした。
しかしこれからは、自然界に存在しうる色彩の可能性に目をむけ、様々なカラーバリエーションを導入します。
gentenが提案する「黒」。
夜明け前夜の陽光が予兆を孕む、ニュアンシーな「黒」が色彩の原点。
夜明け前はドーンパープルと言って、ダークなラベンダー調の色彩が空に広がり、そのうち地平線に太陽が輝きます。
その夜明け前の静寂を帯びた有機的な漆黒、これがgentenが提案する新しい「黒」です。
タンニン革ゆえの「黒」の魅力。
タンニン革は染色の特性上、ソリッドブラック(うつろではない密な黒)を表現することはできません。
現在の染色技術では完全なる「黒」を作り出すのに限界があるのです。
ですが、タンニン革ならではのエイジングされた「黒」の穏やかな魅力を楽しむことができます。
銀面が少しずつ日焼けし、染料も少づつ飛び始め、次第に艶を帯びた奥行きのある優しい「黒」に変化したとき、
それはgentenが求める「黒」、ドーンブラックに変化していくのです。
ゴートヌメ
軽量で摩擦に強く、雨に濡れても後の処理が簡単なゴート(山羊革)を使用。バッグを仕立てた後、1点1点手作業により製品に軽く水分をふくませ表情を出し、仕上げに焦がし加工を施した大変手の込んだシリーズ。まるで長く共に歩んだかのような、なんとも愛着のある、そして堂々とした風合いと表情が魅力。